前へ
次へ

ゲスト別の引き出物で用意するカタログギフトの相場

結婚するカップルは幸せの中にいますが、結婚式の準備は嬉しいながらも大忙しです。ゲストには引き出物を用意しますが、カタログギフトは選ばれる定番商品になっています。種類がありますがゲスト別にカタログギフトの、だいたいの予算相場を知っておくと選びやすいです。会社の同僚や友人のためのカタログギフトであれば、費用は3千円から5千円くらいのタイプを選びます。友人など対等の立場関係にあるゲストは、結婚式で持参をするご祝儀の相場は3万円なので、カタログギフトは3千円以上のタイプにすることです。親族や会社の上司の場合は少し奮発をして、5千円から1万円が目安になります。間柄的に多めにご祝儀を包んでくれることもありますし、披露宴での乾杯をお願いすることもあるので、それなりにお値段も高めのカタログです。夫婦で結婚式に来てくれる人には、5千円から6千円くらいを目安にして選びます。人数的には2名であっても、夫婦の場合は2人でひとつのご祝儀なので、そのお返しの引き出物もひとつです。

出産祝いといえばベビー用品を贈るのがスタンダードですが、出産を頑張ったお母さんにもプレゼントするのは良い考えです。生まれてきてくれてありがとうという赤ちゃんへの気持ちは大きいですが、お母さんの頑張りも評価されるべきこと言えます。そんなお母さんにもカタログギフトはピッタリであり、出産祝いでお母さんにカタログギフトを贈ったら、多くのお母さんはちょっとびっくりしますが喜ぶこと間違いありません。赤ちゃんが生まれたらしばらくは、お母さんは朝も昼も夜も関係なく赤ちゃんのお世話に翻弄される日々が待っています。自分一人ではないでの気楽に買い物へ行くこともなかなかできず、眠る時間さえ取れないこともしばしばです。買い物はストレス発散にもなりますし、楽しい気持ちにさせてくれますが、それができないのはストレスにもなりかねません。カタログギフトなら家にいても、忙しい赤ちゃんの世話の合間に選ぶことができますから、忙しい子育てお母さんにもピッタリです。

Page Top