前へ
次へ

迷うならカテゴリーも多彩な総合カタログギフト

カタログギフトと一口に言っても取扱商品の幅は広く、引き出物などでもよくみられる食器類をはじめ、雑貨類や衣料品に、食べるのが大好きな人に嬉しいグルメも満載です。様々な商品を掲載するカタログギフトもありますが、何かに特化した特定ジャンルだけを掲載しているカタログもあります。ちょっとユニークなのは物にこだわることのない、体験ギフトをいくつも掲載しているカタログです。物をもらって喜ぶ人もいれば、何かの体験をプレゼントされる方がうれしい人もいます。最も一般的に流通をしているのは総合カタログギフトであり、カテゴリーも多彩ですし商品点数の多さでは断トツです。取り扱いカテゴリーが大変多いので、誰に贈っても喜ばれるのも総合カタログと言えます。トレンドを含んだファッション用品や、暮らしを素敵に彩るインテリア、美味しい食事にかかわるキッチン用品に、スイーツやグルメなど豊かな取り揃えです。年代や性別を限定することがないので、迷ったら総合カタログギフトを選択するとまず外れにはなりません。

いくつもの会社があるのでそれぞれ注文方法に違いはありますが、一般的な大まかな流れは似ています。まずは贈る側がどのカタログギフトにするかを選ぶ必要がありますが、それはカタログといってもコース種類があるためです。目的と予算に合わせてコースを選べるので、無駄な出費をかけることにもなりません。中にはのしの有無を選ぶことができたり、あいさつ状などを選択できることもあります。注文時には送り先を選択しますが、自宅へ配達してもらうだけではなく、相手に直送をすることもできるので便利です。贈り主はカタログから好きな商品を自分で選び、申し込みをすることになります。申し込み方法は従来のやり方のはがきだけではなく、FAXでOKなこともありますし、時代に合ったインターネットでの申し込み可能なケースも多いです。数日ほどで選んだ商品が届くので、もらった方はさっそく商品を使うことができます。商品は使えるものだけではなく、食べ物などを選択できるカタログギフトもあるので、届いたらさっそく食べられる食品のギフトも人気です。

Page Top