前へ
次へ

カタログギフトを送る時の選び方

お祝いやお礼として贈りもんをする事が多くありますが、その中の商品として選ばれている事の多いのがカタログギフトになります。カタログギフトは送る側としては相手の好みを気にせず贈る事ができ、予算内でカタログギフトの種類も選びやすくなります。また贈られた側も自分の好きな物を選べる楽しみを味わう事もできます。では実際に送る側としてカタログギフトを利用する場合、選び方のポイントを抑えて利用することが大切になってきます。まずカタログギフトの選び方として商品の品質をしっかりチェックするという点があげられます。選び方としては予算やカタログギフトの種類に商品数などから選ぶことが多くあります。ですが実際にカタログに掲載され商品の種類をチェックする人は以外に少なく相手が欲しい商品なのか、好みの商品が乗っているかどうかは変わってきます。そのため等にこだわりの商品が掲載されているカタログを贈る場合であれば、カタログギフトの商品をしっかりチェックするようにします。商品の内容は贈る側の人もチェックすることで、相手に失礼な商品ではないかどうかの判断に繋がります。

実際に内容が不満であればまた別の種類や商品数が掲載されているカタログギフトを選び直す事もできます。その他にカタログギフトの選び方のポイントとなるのが料金の仕組みをしっかり理解するという点があります。カタログギフト自体のグレード自体は種類が多く、価格帯も幅が広いので選ぶ側にとっては選びやすいという特徴があります。ですが価格の中には発送の際に使用するシステム料が含まれていない場合があります。そのためカタログに掲載している商品自体の価格は手数料を引いた金額になります。そのため実際にカタログ商品を確認すると、価格に比べて質が下がると感じる場合もあります。そのため料金システムをしっかり説明してもらったうえで、商品の価格帯を把握してカタログを選ぶことがポイントとなってきます。

Page Top